株式会社いかしあい隊

志ある経営者の出会いと学びの場いかしあい隊に是非ご参加ください

COLUMN

いかしあい隊コラム

2021/03/15

【会長コラムVol.6】「ダイヤモンドレコード針の世界シェア80%」株式会社ナガオカトレーディング

いかしあい隊会長 牛久保洋次

時代が変わっても文化を守る「ダイヤモンドレコード針」

 

 

【未常識】今は常識ではない、
でも未来に常識となる事・・・これは私が作った造語です。

 

 

私が一昔前にレンタルビジネスを創業した際の
最初の商品はレコードが主でした。

 

 

1980年代以降のCD普及により、
商品構成はガラリと変わり、
大きな転換期を迎える事になりました。

 

現在ではレコードやCDを介さずに、
ネット上から音楽配信が可能になり、
人々の音楽との触れ合い方にも大きな変化が見られます。

 

 

今回はレコード針を生産し続けて70年。

 

ダイヤモンドレコード針の「世界シェア80%以上」を持つ、
株式会社ナガオカトレーディングをご紹介させていただきます。

 

 

レコード文化を絶やさないために…

 

 

歌手の桑田佳祐さんが、
2016年6月にリリースしたシングル「ヨシ子さん」で、
若者の音楽文化についていけない
”おじさん世代”の声を代弁する歌詞の一節に、
レコード針を指す「ナガオカ針」が登場します。

 

ピーク時には月間120万本に達したレコード針の生産量は、
音楽を楽しむ媒体がCDやインターネット配信に
移っていくにつれ、右肩下がりで落ち込んでいきました。

 

 

同業他社が廃業していく中、
同社も事業撤退を検討しましたが、

「レコード文化を絶やしてはいけない。
一人でもレコードを聴く人がいる限り」

と事業継続を決め、
他事業で赤字を補い生産を続けてきました。

 

 

定額の音楽配信サービスが本格化した
2010年代に入ってから、レコードを再評価する
アーティストや消費者が増え始め、針の需要も増加

 

オールドファンのみならず、若者にもレコードが受け入れられ、
現在は月間生産量も回復海外での需要も高まっております。

 

 

便利なスマホやタブレットが誕生したお陰で、
移動中でもクリックすれば好きな音楽を
聴く事ができるようになりました。

 

 

しかしながら、時間を掛けてレコード屋で購入した
レコードを家でジャケットから取り出し、

付属の冊子を読みながら、針を落として
音楽をゆっくりと聞き、アーティストの世界観に浸る。

 

 

手間暇をかけて得られる贅沢な時間にこそ、
幸せを感じる時もあるものです。

 

 

今月の一言
「”モノ”を得る事の豊かさではなく、”心の豊かさ”の追求。」/これが則ち【未常識の発見】

 

 

※こちらの記事は月刊誌「美楽」に掲載された記事です。

 

イベントスケジュールはこちら
お申し込み・お問い合わせはこちら

 

 

牛久保洋次

慶應義塾大学商学部卒業株式会社友アンド愛(レコードレンタルビジネスの開発者)を創業し、代表取締役就任。約700店舗をFC展開する。株式会社ピザカリフォルニアを創業し、代表取締役就任。約400店舗をFC展開する。日本CDビデオレンタル商業組合初代理事長(社)ニュービジネス協議会理事等を歴任。現在、株式会社いかしあい隊会長、その他顧問数社。

 

アバターいかしあい隊

お問い合わせはこちら