株式会社いかしあい隊

志ある経営者の出会いと学びの場いかしあい隊に是非ご参加ください

COLUMN

いかしあい隊コラム

2021/04/12

【コラム】暗号通貨は決済手段となりうるのか?

 

志ある経営者の出会いと学びの場
株式会社いかしあい隊の楠本です。

 

今回のテーマは「暗号通貨は決済手段となりうるのか」
前回のキャッシュレス化の記事も併せてご覧ください。

 

 

キャッシュレス化と決済手段

 

 

 

 

 

 

キャッシュレス化が諸外国に比べて遅れている日本。
政府がようやく重い腰を上げました。

 

 

キャッシュレス化の推進には、
給与支払いのデジタル化が
大きな起爆剤になると思われます。

 

給与支払いのデジタル化には、
電子マネーや暗号通貨など多くの選択肢があります。

 

今後、何が採用され
どのように普及していくのか注目ですね。

 

 

世界のキャッシュレス化の動向は?

 

 

 

 

 

 

キャッシュレス化が日本より進んでいる
諸外国の最新ニュースをピックアップしました。

 

■メルカリは2021年4月2日、
暗号資産事業に参入することを発表。
フリマアプリ「メルカリ」の利用者が
販売代金の一部を暗号資産で受け取れるようになる。

 

 

■米国暗号資産交換業大手の
“コインベース・グローバル”が
2021年4月14日に米国ナスダック市場に上場すると発表。

 

 

■米国決済大手PayPalは2021年3月30日、
約2900万の加盟小売店で暗号資産による
決済サービスを始めると発表。
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
をクレジットカードと同じように使うことができる。

 

 

■米国電気自動車(EV)大手のテスラは、
ビットコインに15億ドルを投資。
テスラをビットコインで買えるようにするため、
2021年3月25日に米国内でビットコイン決済に対応したと発表。

 

 

■2021年3月15日、暗号資産「トロン(TRX)」の創業者、
ジャスティン・サン氏は、
クリスティーズのオークションで
デジタルアート作品を6,900万ドル(約75億円)で落札し、
代金と手数料を暗号通貨イーサリアムで支払った。

 

 

 

暗号通貨は決済手段となりうるのか?

 

 

 

 

 

 

2021年に入って暗号資産を取巻く状況は
大きく変化しているように見えます。

 

代表的なビットコインの価格も年初来2倍を超えています。

 

私の周りでも報酬を暗号資産で受け取る方が増えています。

 

暗号通貨が決済手段として無視出来ない存在になっている事は
間違えのない事実ですね。

 

 

いかしあい隊

イベントスケジュールはこちら
お申し込み・お問い合わせはこちら

 

4月ATM会

 

第192回 ATM会

 

 

4月徳億会

 

第155回 徳億会

 

 

お問いわせはこちらからからお願いいたします。

楠本 研二楠本 研二

お問い合わせはこちら