株式会社いかしあい隊

志ある経営者の出会いと学びの場いかしあい隊に是非ご参加ください

COLUMN

いかしあい隊コラム

2020/12/07

【コラム】コロナがもたらす老後年金の未来

 

おはようございます。

 

志ある経営者の出会いと学びの場
株式会社いかしあい隊の楠本です。

 

 

コロナウィルスの感染拡大による影響は
社会のさまざまな部分に現れていますが、

中でもコロナ禍における低成長・低物価・低金利によって
私たちの老後年金にも暗い影を落としています。

 

 

年金運用の予定利率引き下げに

 

第一生命保険は、2020年10月から年金運用の予定利率
年1.25%から0.25%へと引き下げました。

 

これは、いわゆる年金の3階部分である
「確定給付型企業年金」の運用において
約束した利率の維持が難しくなったということです。

 

 

今回新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響で
各国で実施された大規模な金融緩和が
市場金利の低下に拍車をかけました。

 

 

先進国を中心に、『ニューノーマル』と呼ばれる
世界的な低成長・低物価・低金利は、

たとえ今後コロナの感染拡大が収まったとしても
金融が引き締めに転じるのは容易ではないはずです。

 

 

金利もそう簡単には上がりません。

 

つまり、今まで生命保険会社等の機関投資家が行ってきた
先進国の国債での安定的な運用は、事実上困難になったということ。

 

 

第一生命は、デリバティブ商品を組み合わせた
新商品を投入する予定です。

 

これは1.25%の運用をするためですが、
確実に今までより運用は難しくなるので
その分リスクは高まります。

 

 

企業や個人の負担も増加

 

 

運用利回りが低下すれば
「確定給付型企業年金」を採用している企業の場合、
年金水準を維持するためには掛け金の積み増しが必須で
その分企業の負担は増加します。

 

 

また一方で「確定拠出年金制度」も行われていますが、
こちらは従業員側が運用リスクを負うということです。

 

いずれにせよ、債券(金利)をメインとする運用利回りは、
大幅に下落していくことを覚悟しなければなりません。

 

 

一方で、株式市場は世界的な金融緩和を受けて、
リスクオンとなり史上最高値付近や戻り高値圏で推移しています。

 

 

避けては通れない経済とお金の話

 

 

このように老後の年金も、
経済と無縁ではいられない時代が到来しました。

 

 

従来日本では、銀行預金や国債等が老後資金の受け皿でしたが、
今後は色々なリスク資産も組み入れたポートフォリオを考えざるを得ないでしょう。

 

 

「お金の話は難しいから」
と避けてはいられない時代が到来しました。

 

 

国民一人一人、お金の勉強が必要ですね。

 

 

いかしあい隊イベントスケジュールはこちら
お申し込み・お問い合わせはこちら

 

楠本 研二楠本 研二

お問い合わせはこちら