株式会社いかしあい隊

志ある経営者の出会いと学びの場いかしあい隊に是非ご参加ください

COLUMN

いかしあい隊コラム

2020/12/28

【コラム】ものづくり補助金ってなに?

 

おはようございます。

 

志ある経営者の出会いと学びの場
株式会社いかしあい隊の杉本です。

 

今回はものづくり補助金について調べてみました。

 

 

ものづくり補助金とは?

 

「ものづくり補助金」
という制度があることは知っていましたが、
内容まで詳しく知りませんでした。

調べ始めてすぐに驚きが!

 

 

補助対象となるのが、

1.機械装置・システム構築費
2.技術導入費
3.専門家経費
4.運搬費
5.クラウドサービス利用費
6.原材料費
7.外注費
8.知的財産権等関連経費
9.広告宣伝・販売促進費
10.感染防止対策費

の10項目。

 

※各経費においてそれぞれ要件や補助率など差があります。

 

 

「ものづくり」とついているので、
てっきり製造業などで使う機械設備だけが
対象になるのだろうと思っていました。

 

 

システム構築や広告宣伝、
クラウドサービスの利用費などにも適用できるのですね。

 

 

 

どのような企業が利用できるのか?

 

利用できるのは、
中小企業(小規模事業者)や特定非営利活動法人だそうです。

 

※業種によって資本金や従業員数などの条件があります。

詳しくは下記参照

中小企業庁HP「ものづくり補助金」
https://portal.monodukuri-hojo.jp/

 

 

 

いくらまで補助される?

 

ものづくり補助金の補助上限金額は1,000万円です。

 

一番高い補助率の経費ですと2/3ですので、
理論的な上限値は1,500万円を使い
1,000万円が戻ってくるとうイメージになります。

 

 

 

重要審査項目は?

一番重要視したいポイントとしては、
【革新的であるか】

新製品・新技術・新サービスなど既存の物と一線を画すようなもの
であれば通りやすいようです。

 

その他キーワードとしては、
パイオニア・優位性・競争力強化・地域貢献性などがあります。

 

中小企業の発展や、地域の活性化といったところが加わると、
国の政策意図とも合致しますね。

 

 

 

最後に、、、

 

採択確率は平均40パーセントほどのようですが、
しっかりとポイントを押さえて申請をすれば確率は上がるはずです。

 

ものづくり補助金は来年も継続するので、
自社で利用できるか
利用する項目はないか
をお考えいただくのも良いかもしれないですね。

 

 

中小企業庁HP「ものづくり補助金」
https://portal.monodukuri-hojo.jp/

 

 

 

いかしあい隊イベントスケジュールはこちら
お申し込み・お問い合わせはこちら

 

杉本 啓太郎杉本 啓太郎

お問い合わせはこちら