株式会社いかしあい隊

志ある経営者の出会いと学びの場いかしあい隊に是非ご参加ください

COLUMN

いかしあい隊コラム

2021/02/08

【コラム】銀行の収益減少を加速させる社会変化

 

志ある経営者の出会いと学びの場
株式会社いかしあい隊の楠本です。

 

 

 

銀行の収益減少

 

 

銀行の収益が、右肩下がりで減少しています。

 

2016年日本銀行によるマイナス金利政策により
収益環境は悪化の一方を辿っています。

 

金融庁によれば、
2020年9月期の主要行等の半期決算動向は
貸出金額319.7兆円(前年同期比5%増)
当期純利益1兆514億円(前年同期比32.5%減)

 

地方銀行は、貸出金額288兆円(前年同期比5.7%増)
当期純利益4130億円(前年同期比11.5%減)でした。

 

コロナ対策による政策融資により
融資額は増加していますが、純利益は減少しています。

 

海外への投資で利益を上げられる主要行等とは違い、
地方銀行の収益状況は一段と悪化しているのです。

 

 

 

収益減少を補うための対策

 

その対応として、支店の店舗数やATM台数の削減、
各種手数料の値上げが続き、
口座管理費や預金通帳の有料化なども始まっています。

 

預金者としては、金利の低下から、
すでに預金金利が得られる状況ではない中で、
振込手数料や預金引出しの時間外手数料の負担額増は
無視できない状況になっています。

 

現金、預金に関するコストの増加を抑制するためには、
自らインターネットバンクを駆使することが必要に。

 

ネットの活用といえば、決してお金の話だけではなく、
全てのことがスマートフォンへと収斂される時代の到来を
意味していると言えるかもしれません。

 

預金の多くを持つ高齢者に対するサービスも
銀行収益との対比では、すでに預金の増加に収益源はなく
現預金に関するサービスをカットする時代に入りました。

 

決済は、すでに銀行の専売事業ではありません。
為替送金においても同様のことが起きています。

 

結果としてキャッシュレス化は
どんどん進んでいくでしょう。

 

災害大国である我が国の場合には、
現金が完全になくなることは難しいと思われます。

 

 

しかし買い物や飲食などでの支払いを考えても、
スマホによる注文と決済が
スタンダードになる日はそう遠くはないはずです。

 

最近の米国株式市場における、
SNSに端を発する株価の異常なまでの乱高下を見ても
個人の力がヘッジファンド等の機関投資家に
勝つことができることを示しました。

 

スタートアップの会社が大手企業に戦いを挑み
勝利できる社会になりつつあることも事実です。

 

 

大きな変革の時代を迎えて

 

大きな変革の時代には、
新たなビジネスモデルが発明されます。

 

またその事業を動かすためのツールも
次々と新しいものが生まれてきます。

 

新しい人々、、、
それは若者であったり、
発展途上国の国民であったり。

 

いまだにFAXやフロッピーディスクを
使用する行政や金融機関

メールアドレスを持たない金融マンが存在する
わが国の現状には危機意識を持つ必要がありますね。

 

 

 

 

オンラインATM会

 

【開催日】 2月15日 (月)

【時間】18時~

【場所】ニューオータニ または オンライン Zoomにて開催

【講師】株式会社ライトアップ 白石崇 社長

【スケジュール】
18時-19時 白石社長講演
19時30分 懇親会 or オンライン交流会

【会費】
一般 13,000円(税込)いかしあい隊会員7,000円(税込)徳億会会員無料
期日前決済2000円割引(振込orカード)

【振込先】三菱UFJ銀行 新 宿支店 普通 1202330 カ)イカシアイタイ

【カード決済】ご希望の方はメールでご連絡ください。
決済リンクを送らせていただきます。

【お申込み】 info@ikashiai.com

【オンライン交流会の場合について】
zoomのブレイクアウトルームを活用して
15分間4名程度で の情報交換を2セット行います。
ルームのメンバーはランダムに選ばれます。

 

 

その他いかしあい隊イベントスケジュールはこちら
お申し込み・お問い合わせはこちら

 

 

楠本 研二楠本 研二

お問い合わせはこちら