株式会社いかしあい隊

志ある経営者の出会いと学びの場いかしあい隊に是非ご参加ください

COLUMN

いかしあい隊コラム

2021/02/01

【コラム】成功の秘密はカンニング!

 

おはようございます。

 

志ある経営者の出会いと学びの場
株式会社いかしあい隊の五味です。

 

 

本日は、

『成功の秘訣はカンニング!』
ということについて書いていきたいと思います。

 

 

カンニングといえばテストですよね。

誰しも学生時代にはいやという言うほど経験をしてますし、
人によっては資格試験を受験した人もいるのではないでしょうか。

 

 

必死に勉強をしてドキドキしながら本番を迎え、
自分自身の力だけを信じて取り組んだ記憶が
みなさまにもあると思います。

 

 

でもふと考えてみてください。
社会に出ると何かを学びそれを確認するための
テストを受けることって少なくなりませんか。

 

 

仕事では常に成果や結果を求められ、
プロセスよりも結果が重要視される。

 

 

昔のように勉強に時間を使い、知識を蓄え、
それを成果として残すようなやり方は時間がかかり、
結果仕事のできない人という評価がされてしまう。

 

 

ビジネスの世界ではスピードと成果が重要で、
学生のころとは求められているものが違う。

これが事実なのではないでしょうか。

 

 

ではビジネスで成果を最短で出すには
何が必要になってくるのか??

 

 

それは・・・

今日のタイトル『カンニング』です!

 

 

 

 

ビジネスではカンニングが許される!

 

 

テストを受ける上で
カンニングは絶対にNGな行為でした。

 

 

カンニングをすれば受験資格を失う
手数は0点になるなど、
大きな代償を支払うことになりますよね。

 

 

しかし社会・ビジネス世界であれば、
カンニングはNGな行為ではなくなります。

 

 

むしろ、カンニングをしないことの方が
社会の中ではリスクが高いと思っています。

 

 

いかしあい隊でお仕事をしていると
多くの経営者のみなさまとお会いします。

 

 

お会いしていていつも思うのは、

成長している企業の社長様や大きな成功の
果実をえている社長様は、
実はみなさまカンニングがお上手です。

 

 

そして逆に、伸び悩んでいる会社の経営者様ほど、
自力でどうにかしようとしている方が多いように思います。

 

 

ビジネスの世界では『カンニングし放題』
これぐらいの気持ちで仕事をすることが
とても大事だと思っています。

 

 

ここまでビジネスの世界ではカンニングは
していいものだとお話をさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

カンニングにも種類がある

 

次はカンニングの種類について、
少し触れていきたいと思います。

 

 

私が考えるカンニングの種類は大きく
二つに分かれます。

 

 

①ビジネス手法をまねるカンニング
②人の知恵・知識を借りるカンニング

 

またこの二つをうまく活用することで、
新規ビジネスを創造することもできますし、
今のビジネスを加速度的に成長させることもできるのです。

 

 

今日はそのうちの一つについて
触れさせていただきます。

 

 

 

 

ビジネスの手法をまねるカンニング

 

これは誰かが始めたビジネスモデルや
手法をまねて、自分のビジネスや、
仕事の方法に活かすということです。

 

 

よく「まなぶ」「まねぶ」だと
いう方がいると思います。

 

 

昔は仕事は教えてもらうのではなく盗め
といった時代もありました。

 

 

かくいう私が飲食店でコックとして働いていたときも、
まだまだ仕事を教えてもらえる時代ではなかったです、、、

 

 

このようにすでに誰かが持っている技術や
仕事の経験を自分のものとしてまねて使う、
これはまさしく「カンニング」だといえるのです。

 

 

実はビジネスモデルもこれと同じで、
『カンニング』が重要なのです。

 

 

一つ例を挙げてみましょう。

 

 

今はストリーミングの時代です。

 

 

でも一昔前まではCDやビデオをお店で借りる
レンタルの時代がありました。

 

 

みなさまの中にもレコードやCD、ビデオをお店で借りて、
それをテープやMDなどにダビングした
経験の一つや二つはあるのではないでしょうか。

 

 

さて少し時を戻したいと思います。
このレンタルというビジネスモデルは
いつできあがったものでしょうか。

 

 

それは1980年代、黎紅堂というお店が
レコードを貸したことに端を発していると言われてます。

 

 

しかし実はこのビジネスモデルを
大きくしたのは黎紅堂だけではなく
友&愛という会社が大きくかかわってきます。

 

 

友&愛とは弊社いかしあい隊の会長が
創業したレンタルレコードの会社で、
avexの松浦さんなどが働いていたということで
有名な会社でもあります。

 

 

 

 

レンタルレコード友&愛創業者牛久保は
当時のことを以下のように話しています

 

 

レコードを買うのが高かった時代、
もっと手軽に音楽を楽しめるようにしたい。

何かいい方法はないだろうか、、、
そんなことを考えているときに1件の
レンタルレコード店を見つけた。

その時、直感でこれはいける!と考え、
このレコード店をヒントに創業したのが友&愛です。

 

 

 

友&愛は当時全国に700店舗を展開し、
著作権問題をクリアにし、業界団体を作り、
レンタルビジネスを確立していきます。

 

 

しかし最初に黎紅堂という会社が
このビジネスモデルを思いついていなければ
後の友&愛は存在しなかったのです。

 

 

これはビジネスモデルの『カンニング』が
新たな会社をつくり、時代をつくったという
お話です。

 

 

これはほんの一つの例にすぎません。

 

 

同じようにすでにある会社、ビジネスを模倣して
大きくなった会社は世の中に沢山あふれています。

 

 

世の中すべてが0→1で作られてはいません

 

 

1あるものをうまく模倣し大きくしていく、
こういった『カンニング』の知恵も大事に
していくことが重要なのです!

 

 

 

 

最後に

 

 

次回は人の知恵・知識を借りるカンニング
について書いていきたいと思います。

 

 

世の中コロナで暗くなっておりますが、
こんな時こそ明るく、楽しく、前向きな
ATM精神で乗り切っていきましょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

今日も素敵な1日になりますように。

 

 

 

 

いかしあい隊

イベントスケジュールはこちら
お申し込み・お問い合わせはこちら

 

 

 

五味 峻一五味 峻一

お問い合わせはこちら