株式会社いかしあい隊

志ある経営者の出会いと学びの場いかしあい隊に是非ご参加ください

COLUMN

いかしあい隊コラム

2021/04/04

第154回徳億会後記 髙松建設株式会社 髙松孝年氏

 

 

こんにちは。

志ある経営者の出会いと学びの場
株式会社いかしあい隊の白根です。

 

2021年3月25日に開催された徳億会では、
高松建設株式会社の高松社長にご登壇いただき、
準大手ゼネコン高松建設の変遷を話していただきました。

 

 

 

髙松建設株式会社 代表取締役社長 髙松 孝年氏講演

 

 

高松建設は1917年に高松社長の祖父である髙松留吉が
大阪市十三(じゅうそう)に高松組を創業したことからスタートしました。

 

 

髙松留吉が急逝したため、
まだ学生だった長男の孝之(現名誉会長)と次男孝育(元会長)が家業を継承。

 

建築建設事業では、地主さんからの信頼を得ることが重要。

 

信頼を得るために、農業の手伝いなど、
汗をかいて対応し、
がむしゃらに働き事業を伸ばしてきました。

 

これは・・・
高齢になるまで事業継承が行われないケースをよく見ますが、
若いうちに経営を引き継いだ方が事業は伸びるのかな・・・
そう思える事例ですね。

 

高松建設は建設業・不動産業で事業展開しており、
本業主義を貫きながら成長していきました。

 

 

また、M&Aも活発に活用し、
世界最古の会社といわれている「金剛組」が
近代建築に手を広げて破綻した時にも、それを引き受けM&Aしています。

 

その後も、天禄元年(西暦970年)創業の会社「中村社寺」もグループ傘下に入れ、
寺社仏閣といった伝統建築の仕事を受けています。

 

古いものを守るというのは大変なこと。

大変、意義のあることでもありますし

大変、お金のかかることでもあります。

大変、商売にしずらいということかもしれません。

 

高松社長はそうお話されました。

 

”大変”という言葉には、いろいろな意味が含まれていたと感じます。

 

その後も、青木建設やあすなろ建設(小松建設・重機のコマツの建設会社)
のM&Aを通して、より一層事業を伸ばしています。

 

一時期までは無借金経営でしたが、
M&Aによる融資により、現在は借り入れがあるとのことです。

 

売上規模(約3000億)、利益(約80億)からすると
大した借り入れではないので、強い財務基盤がありそうです。

 

今後も本業主義かつ身の丈経営を貫いていくことで
1兆円企業を目指してあゆんでいくことでしょう。

 

高松建設の今後に注目です。

 

 

以上

 

いかしあい隊

イベントスケジュールはこちら
お申し込み・お問い合わせはこちら

 

4月ATM会

 

第192回 ATM会

 

 

4月徳億会

 

第155回 徳億会

 

 

お問いわせはこちらからからお願いいたします。

白根 斉一白根 斉一

お問い合わせはこちら